和モダンと北欧が融合した

第一回目の『住み人インタビュー』マスコミ業界で営業マンとして勤務するMさんのお宅にお邪魔しました。立地抜群!市内中心部の3LDKのマンションにご夫婦で暮らしています。第一印象は〝おしゃれなモデルルーム!〟。生活感を感じさせないヒミツも教えてもらったので、のちほどご紹介します。

# 1

住み人 DATA

  • name

    Mさん

  • family

    奥様と二人暮らし

  • location

    高松市内中心部

  • floor plan

    マンション(3LDK)

家で一番好きな場所

休憩時間に急いで帰ってきてお部屋を見せてくれた優しいMさん。だからスーツ姿です。見えないところまで気遣いが素晴らしい方。LDKに2ヶ所ある照明は、アイルランド人デザイナーポール・デイリーのLOW YOYO(ロウ・ヨーヨー)のもの。

仲間との酒盛りは和室で

LDKの横にはオープンな和室。仕事帰りに同僚が来たときは、ここで一緒にお酒を飲むことが多いそう。照明※1とウォ―ルポケット※2は北欧デザインを取り入れているから、LDKの雰囲気と馴染みますね。

※1 Norm69/ペンダントライトシェード(販売終了)

※2 Vitra/ウーテンシロ1

配線は徹底的に見えないように

先ほどお伝えしたMさんの「生活感を感じさせない」ヒミツをひとつ。それは、どの角度からも家電の配線が見えないようにすること。配線でゴチャゴチャしがちなテレビ周りもこの通りすっきり。テレビより背の高い家具を置かないことも部屋を広く見せるテクニックです。天井からぶら下がったモビール※3も空間に広がりを持たせる演出に一役買っていますね。

※3 Flensted Mobiles/Flowing Rhythm

県外まで足を運んで購入したソファ

部屋で一番長く居る場所、それは足がゆったりのばせるカウチソファの上。休日はほとんどここでの~んびり。徳島まで座り心地を確かめに足を運んだかいがありましたね。インテリアブランド、SIEVE(シーヴ)のオリジナルソファです。

インテリアの参考書

おしゃれな人の部屋に絶対あるもの、それはインドアグリーン。変わったものが欲しい、とリクエストしたそう。ガラスの照明※4も素敵!ちなみにテレビボードに並んでいるのがMさんのインテリアの教科書「BEAMS AT HOME」。世界中のビームススタッフの「暮らし」と「服」がぎっしり載っています。この厚さで1,620円!

※4 DESIGN HOUSE/ブロックランプ

アクセントカラーは赤で

キッチン周りは清潔感のある白でまとめています。Iittala(イッタラ)のマグカップは赤。 そういえば部屋のあちらこちらに赤が。基本お部屋はモノトーン なので、アクセントカラーの赤が映えていい感じです。

バンカーBOXで収納内まで美しく

見えないところまで美しく。そうできたら、収納の扉をひらくのが 楽しくなりそうです。和室の押入れに積まれたこの箱は、アメリカ生まれの フェローズ バンカーボックス703。インテリア雑誌やインスタグラムでよく見かけます。 1つ1,000円程度の段ボール素材ですが、意外と丈夫!